カメラを始める時に必要なアイテム+あると便利なアイテム

Camera

どうも、ケンタロウ(@kentaro_koga)です

カメラを始める時にカメラのボディとレンズだけでも十分写真は撮れますが、カメラのメンテナンス・撮影・カメラの保護などに色々なアイテム・アクセサリーが必要になります。

もちろん全部必須のアイテムということではないですが、あると長くカメラを使えたり、撮影が楽になります。

僕は趣味と仕事で写真を撮ることが多く、最初のカメラを購入して約5年が経ちました。

そんな中で、いろんなアイテム・アクセサリーを購入してきました。

この記事では、カメラのアイテム、アクセサリーについてそれぞれ何に使うのかも含めて紹介していきます。

細かく説明すると長〜〜〜くなってしまいますので、何に必要なのか?どんな時に使うのか?、などのざっくりした説明になりますが、参考になれば幸いです^ ^


カメラを始める時に必要なアイテム+あると便利なアイテム

わかりやすいように以下のように大きく3つに分けました

  • カメラのメンテに使うアイテム
  • 撮影に使うアイテム
  • その他便利アイテム

それぞれいろんなアイテムがありますので、自分のニーズに合わせて購入を検討してみてください^ ^

カメラのメンテに使うアイテム

ブロアー

ブロアーはボディやレンズについてホコリを吹き飛ばすアイテムで、撮影前と後にレンズやボディ、センサーをブローしてます。

砂やホコリなどが多い環境にカメラを持っていくときは一緒に持っていった方がいいですね

レンズに砂がついてティッシュなどで取ろうとしたら傷がつきますし、ブロアーがあれば大体のホコリは簡単に吹き飛ばせます^ ^

クリーニングクロス

メガネ拭きみたいな感じのクロスで、こちらもレンズやボディ、スクリーンを手入れする際に使います。

普通のハンカチやタオルなど硬い素材で拭いてしまうと傷がつくこともありますので、持っておいた方が良いです

レンズペン

レンズ、ファインダー、液晶、フィルターなどを手入れするためのアイテムです。

定期的に手入れすることで、レンズやボディを綺麗に保てます^ ^

だいたい格納式のブラシがついていて、そのブラシでホコリやゴミを取り除いて、レンズペンで磨く感じになります。

ダストブラシ

ホコリやゴミを取り除くためのブラシです。

こちらも硬いブラシですと傷をつけてしまうので、カメラ用の柔らかいブラシを使った方が良いです^ ^

クリーニングペーパー

ドライとウェットの2タイプのクリーニングペーパーがあるといいです。

スマホの保護フィルムによく一緒に付いているクリーナーみたいなもので、レンズやフィルターを綺麗にできます

綿棒

これはお手軽に手に入るもの、もしくは家にもうあるものかと思いますが、便利なので紹介^ ^

お得なセットがあります^ ^

色々紹介してきましたが、まとめて買った方が簡単ですしお得です^ ^

amazonなどにカメラのクリーニングセットが色々あるので、詳細を確認してどれか1セット買っておけばかなり便利になります^ ^

是非参考にしてみてください^ ^

撮影に使うアイテム

初心者のうちは必要ないものも多々ありますので、何をどんな時に使うのか紹介していきます。

三脚

手持ちでスナップを撮るだけで良い方は必要はないです。

必要な状況は大体以下です

  • 暗い環境で撮りたい(夜間や室内、スタジオ)
  • 星を撮りたい
  • 水がシャーっとなっているのを撮りたい(長時間露光)

他にもあると思いますが、基本的にカメラを固定しないといけない状況の撮影をしたい時に三脚が必要です。

安いもので5千円から高いもので10万円とピンキリなので、自分の用途や状況に合わせて購入してください

ストロボ

スタジオ撮影や野外でモデルさんを撮影する時、物撮りする時、暗い環境でシャッタースピードを上げて撮影したい時、ライトが当たった感じの表現がしたい時などにストロボを使います。

昼間にポートレートを撮りながら散歩する感じの撮影ですと必要ないです^ ^

また、初心者は使いこなすのが難しいですので、まずはストロボなしでカメラの設定などを理解しながら撮影すると良いかと思います。

高いのから安いのが幅広くあるので、自分の予算や用途に合わせて選んでみてください

リモコン

シャッターをずっと開放しておきたい時やインターバルで撮りたい時などにリモコンを使います。

また、シャッターを押す時に振動するので、その振動を防ぐためにもリモコンを使えます。

セルフタイマーで撮影しても全然大丈夫ですが、いちいち数秒待つのは面倒という方はリモコンがあると便利です。

星の撮影、スタジオ撮影、タイムラプスなどいろんなシチュエーションで役にたちます。

レフ板

ポートレート撮影でよく使われています。

ものによりますが、光を反射させるもの・光を和らげるものやゴールドの暖色系、シルバーの寒色系などがあります。

よくレフ板やディフューザーを持って立っているカメラアシスタントがイメージされるかと思います。

顔が暗くなりすぎていたり、日差しが強すぎたりする時にうまいことレフ板を使うと光をコントロールできます。

忍者フード

これは夜景を撮影する時に、窓ガラスの反射をなくすために使います。

野外の展望台などですとそのままで撮れますが、室内からの窓越しの撮影になると、どうしても明るい室内の像が映り込んでしまいます。

忍者フードでレンズの周りを覆うと映り込みがなくなるので、綺麗に夜景が撮影できます。

その他便利アイテム

色々初心者〜中級者のアイテムを紹介してきましたが、以下ではその他の便利アイテムを色々と紹介していきます。

フィルター

レンズは資産です。必ず保護しましょう。

レンズに傷が入ると終わりです。これは便利アイテムというかマストアイテムですねww

サイズを間違えないように確認して購入してください^ ^

防湿庫

これも同じく、カメラやレンズを保護するためのものです。

カビが生えたら大変です。クリーニング代もかかりますので、防湿庫に保管しておくのが良いですね。

どうしても棚に置いておきたい時は、湿度の低い風通しの良い場所に置いておきましょう。*梅雨の時期は要注意です。

液晶保護フィルム

レンズと同じようにしっかり液晶も保護しておきましょう。

レンズと同じく傷がついてからでは手遅れなので、外に持ち歩く人は特に購入しておきましょう。

カメラバッグ

普通のリュックでも良いですが、カメラ用のバッグはカメラをいれるスペースやクッション性も考えられている(のが多い)ので、購入しておくと良いです。

特にカメラを持って旅に出る人、登山をする人などはしっかり目のカメラバッグがあると良いですね

最近ではカメラバッグ兼トラベルバッグみたいなものもあるので、チェックしてみてください^ ^

僕は以前こちらのカバンを使っていました

今はコロナで長期の旅行は減って、ちょっとした小旅行が増えたのでカバンにも入る小さなバッグを使っています。

カメラキューブ・バッグインバッグ

カメラバッグジャ無くて普通のバッグにカメラを入れたいという場合は、カメラキューブやバッグインバッグがおすすめです。

今使っているバッグにいれるだけでカメラを一緒に持ち運べます。

以前これを使っていました^ ^
クッション性もよくてコスパはよかったですね

予備バッテリー

1日中撮る時や、動画も撮る時、タイムラプスを撮る時、仕事で撮影をする時に必ず予備のバッテリーが必要になります。

また、あるあるなのですが、出かける前に充電をし忘れて全然撮影できなかったことが多々あるので、予備のバッテリーがあると便利です。

予備SDカード

バッテリーと同じく、予備のSDカードは必須です。

せっかく色々撮影しても、容量がなくなるとそこまでしか撮影ができないですし、最悪なのは、容量がなくなった後に良い景色の場所に行く予定だったり、良いシーンが目の前に現れたりした時です。

良い写真を撮り損ねないように予備のSDカードは持っておきましょう。

HDD

撮影が終わった後に、ずーっとSDカード、もしくはPCにデータを入れておくわけにはいきません。

SDカードは次の撮影に使わないといけないので空にしないといけないですし、PCにも容量に限りがあります。

なので、1TBくらいのHDDを購入しておきましょう^ ^

僕は以下のHDDを使っています。


カメラストラップ

付属のカメラストラップを使用しても良いですが、お洒落したい方は是非色々調べてみてください。

レザーのお洒落なストラップもありますし、機能的なものもあります。

個人的にレザークラフトをしているので、今後オリジナルのものを制作しようと思ってます^ ^

自分のニーズに応じて揃えておきましょう

色々紹介してきましたが、以下の言葉を忘れないようにしてください

「いらないものは買わない。沼にハマらないように注意。」

何が必要かは本当に人それぞれなので、自分に必要なものだけピックアップして購入してください。

また、沼にハマると抜け出すのに時間がかかりますし、シンプルにお金がなくなりますw

カメラはお金がかかります。

なので、自分が楽しめる範囲で楽しむのが良いです。

他の人が持っているものややっていることは自分には関係ないので、気にしなくて良いですよ^ ^

自分が好きなものを自分が好きなように撮れば良いのです。

まずは、カメラを楽しむことを忘れないでください^ ^

では〜〜