在宅ワーク用にサブディスプレイとモニターアームを買ってみた【レビュー】

Gadget

どうも、ケンタロウ(@kentaro_koga)です

先日のデスクセットアップの記事に続き、今回はサブディスプレイとモニターアームについて紹介しようかと思います

リモートワークが増えて、在宅で仕事をする機会が多いかと思います。

僕自身もほとんど在宅で仕事をしていますので、デスク周りのアップデートをしています。

実際どんなものを買えばいいのか全くわからなかったので、実際にセットアップしてみて失敗したことやよかったことなど紹介していきます。

こんな人向け

  • デスク環境を変えたいと考えている
  • リモートワークになった
  • ディスプレイやモニターアームで迷っている

前回の記事も是非一緒にチェックしてみてください^ ^

では参ります


購入したモニター「I-O DATA モニター 27型」

購入場所はAmazonで、名前は「I-O DATA モニター 27型 ADSパネル 非光沢 HDMI×1 アナログRGB×1 スピーカー付 3年保証 VESA対応 土日サポート EX-LDH271DB」です

27型なのでそこまで大きくないけど、小さくもないちょうどいいサイズ感かと思います

僕は動画編集、Web制作、デザインなどをするのですが、このサイズで十分満足しています^ ^

動画編集でガッツリワークスペースを確保したい方は、もっと大きなサイズの型を注文した方がいいかとは思いますが、その際はアームの強さに注意してください。


*買ったのはこれの27型です

購入したモニターアーム「モニターアーム ガススプリング式 17~32インチ対応 VESA100*100 (ブラック)」

土台付きのモニターでもよかったのですが、デスクのスペースをより広く使いたかったので、モニターアームを購入しました。

一緒に購入したモニターアームの名前は「モニターアーム ガススプリング式 17~32インチ対応 耐荷重2-9kg グロメット式&クランプ式 VESA100*100 (ブラック)」です

机に穴を開けれなかったので、クランプ式という机に挟むタイプを購入しました。

こちらのモニターアームはコードをまとめるパーツもあるし、角度調整もできて、ディスプレイを縦にすることもできます。

これで、4000円代なのでコスパは良いかと思います^ ^

セットアップしてみた

こんな感じで届きます。当たり前ですが、かなり大きな箱でしたね

中身はこんな感じ

まずはモニターアームを取り付けます。
取り付けは超簡単で、ただネジを回すだけです。

ディスプレイをつけて、ケーブルを差します
ケーブルを通す箇所があるので、そこに通すとうまくまとまります^ ^
こんな感じになりました

前回の記事で紹介しましたが、大きめのデスクを購入していたので、そこまで圧迫感もなく、モニターアームなので、スペースも良い感じに確保できています。

失敗した点

特にないのですが、強いて言えば、もっとケーブルの収納が必要だなと思っています。

また、ディスプレイじゃないのですが、昇降式のデスクにすればよかったなと今思っていますww

ずっと座って作業していると体が凝ったり痛くなりますので。。。

あとは、もっと棚が必要ですね

今は机の下に色々置いているので、足を入れるスペースが小さくて邪魔になっています。

つっぱり棒の収納や、棚を今後追加していこうかと思っています。

サブディスプレイとモニターアームで快適な在宅ワークを^ ^

個人的にコーディングはノートPCでも十分なのですが、デザインや動画編集などをするときは、サブディスプレイは非常に便利です^ ^

特に動画編集はワークスペースが広いほどやりやすいので、最高ですね。

ただ、体を動かした方が良いので、適度な運動もしておきましょう^ ^w

僕は元々筋トレが好きなので、ジムに通っていますが、苦手な人は定期的に散歩するだけでもだいぶ違いますよ^ ^

また、ディスプレイはピンキリなので、自分の予算にあったものをどうぞ^ ^

僕の場合は、メインでは使わないので、そこまで高くてすごいものは買っていません。

あったら作業がしやすいなぁ〜程度の方は、僕が購入したくらいのもので十分かと思いますので、是非チェックしてみてください^ ^

いろんなサイズがあるので、選びやすいとも思います^ ^

では、快適な在宅ワークを〜