英語を話すのに抵抗がある人へ

English

僕は英語を勉強しに一年ちょいオーストラリアに行きました。
理由は英語だけではないですが、主な理由は「英語が話せるようになりたい」という思いです。

だいたい以下の理由です。

  • 外国の人に声かけられて何も出来ずに固まってしまい、無力さを感じた
  • 英語の情報量が多い
  • 英語喋れたらカッコええ
  • 海外に長期で滞在したい

簡単ではありますが、だいたいこんな感じです。
いたって普通ですねww

スポンサードリンク

英語を話すこと自体に抵抗がありました

こうなったのには2つの要因がありました。

  • 元々人見知りでシャイ
  • 間違いを恐れすぎ

僕は元々人見知りでした。
日本語の時でも話す側というより聞く側です。
特に出会ってあまり時間が経っていない時はだいたい年下でも敬語で話します。

そして間違いを恐れまくっていました。
よく聞く話ですが、「日本人は間違いを恐れてあまり英語を話さない」
確かにヨーロッパの人などは間違ってても御構い無しにペラペラ話してました。
「Did you could~~~?」と言われた時は「え・・・?」っと一瞬固まりましたが、基本的に間違っていても分かる範囲のミステイクです。

どうすればいいのか?

とにかく

オープンになること・間違いなんか気にしないこと

以上です。

オーストラリアで出会った人はほとんど最初からフレンドリーでした。
でも僕がオープンではなかったので、仲良く話すようになるまで時間がかかりました。
基本的に最初からフレンドリーですので、最初からオープンでいきましょう!
*やりすぎると引かれるので注意ww

そしてどんどん喋りましょう!
間違いなんてどうでもいいです。
もし周りの日本人に
「◯◯間違っているよ」といちいち言われたら
「Can you just shut the fk up? Non of your business.」
といってあげましょう。(もっと優しめにww)

でも英語が話せる日本人の前で英語話しづらい、、、

僕はまさにこれでしたww
英語が話せる日本人が強敵でした。
どんどん間違いをピックアップされそうで、黙ってしまっていました。
でも実際はそんな人はほとんどいないし、僕も今英語まぁ喋れるのですが、特に何も思いません。

むしろ、間違っていてもどんどん喋ってもらいたいですね。
自分自身があまり喋らなかったので、英語の習得に時間が掛かってしまったので、、、

so don’t worry!!

エンジョイ英語!!

他の国の言葉を勉強するとなるとすごい分厚い壁に見えるかもしれません。
でも、実際はそんな壁は無くて自分で勝手に「絶対無理」とか「間違ってたらどうしよう」というふうに壁を作ってしまっているのです。

英語を話せるようになるには実際にいっぱい話すのが一番近道です。
まずは英語を話すことを楽しみましょう。

日頃から「これ英語でなんていうんやろ?」というのをメモして調べるのを習慣化していると日常会話はパッと出るようになるかと思います。

オープンになって間違いを恐れずに英語をいっぱい使いましょう〜

では〜

スポンサードリンク