フリーランスになりたい人が知っておいた方が良い現実【経験談】

Freelance

悩む人

「フリーランスになりたいけど実際現実はどうなの?
どんな悩みや問題が出てくるのかな?」

こんな方に向けてこの記事を書いています。

僕自身、実際にフリーランスのWebデザイナーとして3年ほど活動しています。

海外でノマドワークもしましたし、リモートで仕事ができる環境ではあります。

最近に始まったことではないですが、よくキラキラしたフリーランス情報が蔓延しているので、実際現実はどうなのか正直に書いていきます。

“自分の好きな時間に働ける”“世界中どこでも働ける”“好きなことで稼いで旅しよう!”みたいな広告や記事を見た方は是非この記事も読んでみてください。

スポンサードリンク

フリーランスになりたい人が知っておいた方が良い現実

まとめますと以下になります。

  • 自分の好きな時間に働けるけど、それは自分と案件次第
  • 自己管理できないとただのニートになる
  • 綺麗なビーチはオフィスにならない
  • 旅しながら仕事はできるけどめっちゃ疲れますよ
  • 競合が多くて消耗することもある
  • いつも不安がつきまとう
  • 確定申告がめんどい

これ以外にもあるかと思いますが、それぞれ詳しく深掘りしていきますね

自分の好きな時間に働けるけど、それは自分と案件次第

フリーランス系の広告やキラキラ記事・動画をみているとよく見かけるのが”自分の好きな時間に働ける!”というキャッチです。

間違いではないのですが、ほとんどの案件には納期がありますのでちゃんと間に合うように働かないといけません。

たとえ納期がザックリしてて緩くても、前払いでない限り納品しないとお金が全額入ってこないですよね

僕は最近になってちゃんと”今日は休み!!”みたいな休日を設け始めましたが、それまではほぼ毎日何かしらの作業をしていましたね

自分のタスク管理が甘いと、納期が迫っている案件がでてきて詰めてやらないといけなくなります。

また、クライアントと連絡がなかなか付かなくなって遅れたり、予想以上に時間や工数がかかったりすることもあるので自分の好きな時間に働けなくなることもあります。

自分の好きな時間に働きたい場合は、クライアントとのコミュニケーションとタスク管理をしっかりしてたらマネジメントできるかと思います。

自己管理できないとただのニートになる

上の”自分の好きな時間に働ける”と似ていますが、自己管理がちゃんとできないとグダグダしてほぼニートになります。

別にニートが悪いわけではないですし、僕も元々ニートしてたのでむしろニート最高です。

ただ、生活の為にお金を稼ぎたい、となるとしっかり自己管理しないとグダグダして1日が終わります。

営業してタスクをしっかり管理していかないと案件が全く取れない仕事のないただ開業届を出した人になってしまいます。

また、フリーランスは有給休暇や傷病手当金などもないので、体調を崩して働けなくなると収入がなくなりますし、その時に走っている案件の発注者、クライアントさんに迷惑をかけてしまいます。

なので健康的な食生活や運動などの自分の身体のケアも大事です。

綺麗なビーチはオフィスにならない

これはインスタでよく見る、”今日のオフィスはここ!”というキャプション付きで、青すぎる海と白すぎる砂浜を前にパソコン広げている写真についてです。

ノマド系のフリーランスですね。

実際にこれもそこにWifiがあれば全然できますし再現可能ですが、僕だったら目の前に綺麗な海やビーチがあったら泳いだり、酒飲んでゆっくりしたりしたいですw

海近くのカフェの中とかならまだしもオープンの場所や砂浜の上のシートやハンモックでパソコン作業している写真を見ると、”え?”って思いますw

そのパソコン防塵+防水なの???みたいなw

旅しながら働くことも、オサレな場所やビーチで働くことも可能ですが、宣伝の為に誇張しまくってるのがよく見かけるので実際に毎度そうなる訳じゃないよと言いたいです。

海外ノマドのキラキラな面だけではなく、現実的な側面(移動がめんどい・お金かかる・時差めんどい・言葉が通じない)なども発信してくれている方々をフォローしておきましょう。

実際に楽しい部分もたくさんありますし、物価が安い国だとコスパよく生活できますので、両方の側面をしっかり見るようにしてください^ ^

旅しながら仕事はできるけどめっちゃ疲れますよ

僕も何度か海外でノマドワークした経験があります。

“福岡を拠点にお金を貯めて、ちょっと余裕ができたら海外に行ってリモートで働く”みたいなことをしていましたが、移動の時はまぁ疲れますw

初のノマドワークはタイのバンコクにいきましたが、移動で初っ端からボコボコにされましたw

  • 上海経由の飛行機が遅れる
  • →空港で6時間待機
  • →Wifiの使い方が全然わからない
  • →夜中にバンコクに着きタイ人の友人が迎えてくれる(ありがたい)
  • →次の日、”外国人だから”と友人のアパートから追い出される
  • →初のバンコクで謎だらけだったけど何とかSIMを手に入れて宿を探す
  • →近くの傾いた宿の泊まる
  • →めっちゃ疲れる

この2日間は生産性ゼロですw
休日返上で移動しているみたいなものですよw

移動の後は”作業できなかった分カバーしないと!”ってだいたいなるし、とにかく疲れるからトラブル耐性がない人や現地の言葉or英語ができない人はかなりしんどいと思います。

海外でのトラブルはだいたい日本より面倒なので、トラブルが起きないように旅してる時は注意しておきましょう。

僕はオーストラリアに居たので一応英語喋れるのですが、それでも疲れるのでトラブルないのが一番ですw

競合が多くて消耗することもある

先日見た広告で、”Webデザインを身につけて自分の好きな時に好きな場所で働こう!””Webデザインって簡単ですよ!誰でもできます”みたいなノリのものがありました。

これを見て、”うわぁ、、、”って思いましたねw

僕は未経験から独学でWebデザイン・コーディング、フロントエンドを学んでいますが、未だにわからないことばっかりですし、難しいし、奥が深いです。

誰でも簡単にチャチャっと勉強しただけではできません。
てかできたら世の中のWebデザイナーさん仕事なくなるーーw

最近に始まったことではないですが、フリーランスが流行ってきて、フリーランスになるための学校や教材も増えて、フリーランスの数が増えてますよね。

そして僕もそうでしたが、”駆け出しフリーランス”の時は安く受けちゃうんですよね。

とにかく実績が必要ですし、少し無理してでも月数十万いく為に数をこなしていく人が多いかと思います。

逆に実績がないのに単価の高い案件が取れるのはすごいですw

そんなこんなで競合の数も増えてきていますし、価格がどんどん割れているかと思います。

クラウドソーシングにもたまに高単価の案件がありますが、全体の比率で言うと率は低いですし、そういった案件はだいたい応募数がかなりのものになります。

その中で戦うのは正直辛いので、しっかり営業をしていかないと消耗してしまいます。

いつも不安がつきまとう

当たり前ですが、会社員は月々決まった給料が入ってきます。ヤバイ会社でなければw

有給休暇・育児休暇・傷病手当金・退職金・社会保険などがありますよね。ヤバイ会社でなければw

フリーランスは有給休暇はもちろんないですし、フリーランスが入る国民健康保険には傷病手当金もありません。

発注者がちゃんとお金を支払ってくれる保証もありません。
*ちゃんと契約を交わしていればほぼ大丈夫です。

いつ仕事がなくなるかわかりませんし、怪我や病気で仕事ができない状況になってしまったら、お金が入ってきません。

なので会社員は会社員でいいところもあります。

フリーランスより会社員が向いている人もたくさんいると思います。

なので誇大広告だけを見て自分の人生の舵を切るのではなく、いろんな側面や情報を見てフリーランスを検討してください。

確定申告がめんどい

これは毎年思います。外注したい!と。。。

レシート保管するのも、会計ソフトで仕訳・入力するのもめんどいです。。。

ちゃんと基礎知識がないとできないですし、わからないことばかりなのでストレス貯まります。

会社員だとほとんどの場合、こんな心配はないかと思います。

ああ。。。外注したい。。。

まとめ:フリーランスになる前に情報収集したり、経験談を読んだりしましょう

フリーランスになるのは開業届を出すだけなので超簡単です。

ただ、稼ぎ続けるのは相当大変ですし、旅しながら綺麗なビーチで作業するのはもっと大変ですw

なので、フリーランスの良い側面と悪い側面をよく見て考えてください。

特にノマド系フリーランスは旅することで面倒になることもあるので、ノマドフリーランスについてもしっかり情報収集しておいた方が良いです。

個人的にはフリーランスの生活は好きですし、これからものんびり活動していく予定です。

ただ、自由にいろんなことにチャレンジしていきたいので、また違うことをしているかもしれません。

もっとチームとしていろんなものと作りたいですし、個人としても幅を広げていきたいので。

では、良いフリーランスライフを〜〜