フリーランスエンジニアになるには?【常に勉強です】

Freelance Life Web

「フリーランスとエンジニアに興味がある(なりたい)
どうやったらなれるんだろう?」

この記事の内容

  • フリーランスになる方法
  • エンジニアになる方法
  • フリーランスエンジニアとしてお金を作る方法

以上のことをそれぞれ経験を元に書いていきます。

僕は今現在フリーランスとして活動しており、収入源は主にWebサイトのデザイン・制作です。

最近はコーディングばかりしてるのでコーダーと呼ぶのが正しいのかもしれません。

まぁWordPressの案件ばかりなのでPHPも触りますが。

てことでそんな立場からこの記事を書いていきますね

スポンサードリンク

フリーランスには誰でもなれる

実際フリーランスになる為に出さなければならない書類はありません。

ただ、出すと得をするものがあります。

それが開業届で、事業開始から1ヶ月が提出期限になります。

何が得なのかというと”青色申告”が出来るようになることです。

超ザックリ言うと”節税できるようになる”ってことです

控除もあるし、赤字があった場合の次年度繰り越しも出来ます

とりあえずこれを読んでおけば良く分かると思います

準備が大事です

フリーランス一年ちょっと経ての反省点【これやっておけばよかった!!】」の記事でも紹介していますが、準備が大事ですね

請求書・提案文・契約書・確定申告・事業用口座、、、etc

バタバタ準備してるとミスるので、あらかじめ何が必要か調べて準備しておくのが吉ですね

あと、審査に通りにくくなることもあるのでクレジットカードとか作って置いた方が良いです
家のローンとかも同じくです

エンジニアになるにはどうしたらいい?

いろんな方法があるかと思いますが、以下の二極化されてる事が多いですね

  • 独学する
  • スクールに通う

他にも未経験OKの会社に入って、、、みたいなのもありますが、会社的にお金かけて雇ってスキルついたらサヨナラされるのって、、、辛いと思う、、、

プログラミング・コーディングを独学する

コードが書けないとエンジニアにはなれません(よね?笑)

てことでプログラミングの勉強します

勉強の仕方などは以下の記事で色々紹介しています

僕はお金と時間が無かったので独学しました

独学は辛いですが、その代わり自分で考えて問題解決する力がより一層付くかと思います

プログラミングスクールに通う

今は様々なプログラミングスクールやオンラインレッスンがあります。

本当に良い世の中ですね

行くならとにかく有名どころをチェックです

無名のよくわからないスクールは辞めておきましょう

有名どころのプログラミングスクール

稼ぐ事に特化したプログラミングスクール【iSara(イサラ)】もおすすめです

イサラはバンコクにあるプログラミングスクールで、実績のある方々から「案件の取り方・稼ぎ方・営業方法」などについて学べます。

詳しくは以下のページから無料資料請求をしてみてください

以下のような人におすすめです

ノマド的に働いてみたい人
フリーランスエンジニアになりたい人
稼ぎたい人
普通のプログラミングスクールで満足出来なかった人

講師陣は常に色んなことを発信されているので、フォローしておくだけで「営業方法・稼ぎ方・プログラミング・アフィリエイト・SEO・海外情報」など色々勉強になりますのでフォローしておきましょう

  • マナブさん:アフィリエイト・SEO・ブログ運営・旅・プログラミングなど
  • ショーヘーさん:プログラミング・ビジネス・働き方・営業法など
  • ケースケさん:旅情報・サイト運営・生き方・アフィリエイト・甘いものなど
  • ユーキさん:アフィリエイト・人生・ビジネス・タイの情報・やる気の出る言葉など

また、イサラの卒業生も様々なジャンルを発信されているのでチェックです

  • ちづみさん:コーディング・イラスト・デザイン・ノマド情報
  • えーちゃんさん:プログラミング・旅・ノマド情報
  • テツさん:旅情報・ブログ運営・語学・生き方・働き方
  • マイさん:プログラミング・ノマド情報・海外情報
  • けーすけさん:筋トレ・ダイエット・エンジニア・ノマド情報
  • ふるさん:UX・プログラミング・フリーランス・KPopマーケ
  • HIROKIさん:フリーランス・エンジニア・筋トレ・デザイン・マーケ
  • Ziziさん:ノマド・海外移住・格安航空券・ドローンの情報・営業

講師陣以外はまだお会いした事ない方ばかりですが、フォローさせて頂いてます笑

スピーディに学ぶのが大事

Webの技術の進歩は早いので、いかにスピーディに学べるか大事だと思ってます

今使ってる技術が来年には古いとされてしまうかもしれません。

あと、学んで実際にお金を稼ぐまでに時間がかかり過ぎると単純に萎えます笑

完璧を目指さない

色んな技術があって、その一つ一つを100%完璧に覚えるってのは相当時間がかかりますし、多分そんなことできる人ってほとんどいないのでは?と思います

元々Facebookで働いていたアメリカ人のエンジニア友達は、“わからないこといっぱいあるけどググればいいし、コードは色んなとこから持ってきてたよ”って言ってました

もちろんコードを読んで理解する力は必要不可欠です

学び続ける事が最重要

先ほども書きましたが、Webの技術の進歩はとにかく早いです

どんどん新しいトレンドが出てきます
ファッションみたいですね笑

全員が最新技術を使わないといけないわけではないですが、使えたら他の人と差別化できます

京都から福岡に移住して来られた敏腕エンジニアの山根さん「崖の上に家を建てれるようになるといいよ」とおっしゃってました

つまり、
「普通の人が出来ない事を出来るようになれ。」
ということです(解釈間違っていたらすみませんw)

現状で満足して止まっていてはいけません

毎日何かしらの成長をしないといけないですね

フリーランスエンジニアとしてお金を作る方法

さて、ここからはお金の話です

基本的に以下になります

  • クラウドソーシングから受注
  • 企業さんや個人の方から直接受注
  • 作ったもの(サービス)からマネタイズ

クラウドソーシングから受注

初心者はまずクラウドソーシングからの受注パターンが多いかと思います。

主なクラウドソーシングサイト

単価は相場の半額くらいらしいので、ずっとここから受注するのはおすすめしませんが、月10万くらいはいけます

登録、プロフィール設定をしてどんな案件があるのか見てみてください

企業さんや個人の方から直接受注

オンライン・オフライン問わず、直接依頼があって受注に繋げるパターンです

今はSNSやブログでの発信も大事ですし、オフラインの繋がりも大事です

Webディレクターの方や企業さんと業務委託契約をして案件を紹介して頂く形もあります。

色んな営業方法がありますが、まずは自分に何が出来るのか見せる為のポートフォリオを準備しましょう

何か作ってSNSなどで発信するのも良いかと思います^ ^

作ったもの(サービス)からマネタイズ

自作のサービスからお金を作るパターンです

例えば、自作のWordPressテーマを販売したり、Webアプリ作って広告貼ったりですね

僕は友人と懸垂マップを作りましたが、マニアック過ぎてお金は全然発生してませんが、欲しかったので良しとします笑

ココナラで自分のサービスを販売するのも良いですね^ ^

フリーランスもエンジニアも自立して学び続ける姿勢が無いとキツい

会社員やバイトも同じですが、学び続ける姿勢が無いと置いていかれます。

SNSで「勉強始めてたった〇〇ヶ月で〇〇万円稼ぎました」とかSNSでよく見ますが、その方達はしっかり勉強してしっかり案件を取る為の工夫や努力をしているはずです

プログラミングだけではなく提案文の書き方や見積もりの作成など様々なスキルが必要です

なので上のようなツイートを見て、”私/僕にも出来るんじゃね?”と思うのは良いですが、裏では何十何百時間もの勉強と努力がある事を忘れてはいけません

また、Webの技術の進歩は早いです

年取ったベテランよりも最新の技術が使える中学生の方が優秀みたいな世界です(多分ww)

なので、いつもCatch up(着いて行く)のが大事だと考えてます

あと、思ってたのと違うと思ったら辞めたら良いです笑

自分の人生なので自分が納得するまで追い求めて、納得しているなら他の人の意見なんて気にしなくて良いです。

以上、「フリーランスエンジニアになる方法」をつらつら書かせていただきました。

ここまで読んでいただきありがとうございました^ ^

では〜

Webのコトでお困りの方

ホームページの制作・修正・リニューアル等のお手伝い致します!!詳細はこちら

まずは下のリンクから気軽にご相談ください^ ^

SNSからのDMの方が早くレスポンスできます。