オールドレンズ【Helios(ヘリオス)】のレビュー・使用感【写真付き】

Camera Gadget

どうも、Kentaroです〜(^-^)/

先日オールドレンズのHelios(ヘリオス)を買って使ってみたので、どんなものなのか紹介していこうと思います。

写真が好きな人、オールドレンズに興味がある人は見てみてください

写真も載せていますので、どんな雰囲気の写真が撮れるのか参考にしてみてください^ – ^

スポンサードリンク

オールドレンズとは?

よく「フィルムカメラの時代のレンズ」と言われており、いくつか特徴があります。

オールドレンズの特徴

  • オートフォーカス無し【単焦点】
  • ボケやフレアがでる
  • 価格が安い

オートフォーカス無し

単焦点レンズなので、自動でフォーカスしてくれません。

ピントリングを回して狙った被写体にピントを合わせていきます。

ボケやフレアがでる

僕が持っているHelios44M4はフレアは出にくいですが、ボケがかなりでます

また、オールドレンズのボケは「グルグルボケ」と呼ばれていて、その名の通りグルグルしたボケがでます

こんな感じ(ちょっとわかりにくいかも)

ボケている箇所がぐるぐるして写ります

ちなみにフレアはこんな感じ(Unsplashより)

真ん中あたりに太陽の光からフレアが出ています。

*僕が使っているHelios 44M4はフレアが出にくいので、フレアの例としてUnsplashから持ってきています

価格が安い

普通のカメラのレンズって高いですよね、、、
良いものだと軽く10万超えますし、安くても5万くらいします。

レンズ沼にハマると破産してしまいますww

でもオールドレンズだと、1万くらいで買えます

今回紹介するHeliosは7000円程度(送料抜き)

変換アダプタが必要

オールドレンズを使う際は「変換アダプタ」が必要です。

Helios・Takumar・Industarなどの有名オールドレンズは「M42」マウントで使えます。

なので、M42を準備しておくといろんな種類のオールドレンズが使えるようになるので持っておきましょう^ ^

カメラのボディのサイズによってマウントが違うので、確認して購入してください。
「カメラ名 マウント M42」などとググれば出てくるかと思います。

この記事にマウントについて詳しく記載されています:
【初心者向け】オールドレンズのマウントアダプターについて

僕はOlympus OMD EM10 Mark2なので以下のマウントを使っています。

対応ボディは以下

【対応ボディ】マイクロフォーサーズマウントカメラ。
Olympus PEN E-P1 P2 P3 P5 E-PL1 PL1s PL2 PL3 PL5 PL6 E-PM1 PM2 OM-D E-M5 E-M1 Panasonic Lumix DMC-GH1 GH2 GH3 GX7 G1 G2 G10 G3 G5 G6 GF1 GF2 GF3 GF5 GF6 GX1 GMなど用。

参照:Amazon「Beschoi マウントアダプター M42-m4/3 マイクロフォーサーズ レンズマウントアダプター M42マウントレンズ-マイクロフォーサーズマウントボディ用レンズアダプター 高品質 高精度仕様」

こんな感じです

シルバーの方にレンズを取り付けます。


下の黒い方はボディ側です。

*サイズを間違えると使えないので間違えないようにしましょう〜

Helios(ヘリオス)とは?

オールドレンズの中でも有名なレンズです。
たぶんカメラしてる人はほとんど知っています。

使ってみて思ったのは、オールドレンズを使うのが初めての人はまずはHeliosで良いと思っています。

理由は以下

  • 綺麗にボケる
  • 安い
  • 使いやすい

下でHeliosで撮った写真をいくつか載せますが、ボケが綺麗に撮れます

オールドレンズなのにあまりボケなかったり、フレアがでなかったりしたら何か残念ですよね、、、

Heliosはボケが綺麗に撮れて、絵も綺麗なのでポートレート撮ってる人や、とにかくボカしたい人におすすめですね

価格もお手頃で1万くらいできます
価格帯はだいたい7,000円〜10,000円ですね

注意点

ミラーレスで使う場合、焦点距離が倍になるので、結構後ろに下がらないと枠に入らないことがよくあります

僕はオリンパスのOMD EM10 Mark2で使用していますが、焦点距離は長くなっています。

また、Heliosも44M-4はフレアが出にくいので、フレアが撮りたい人は他のオールドレンズを検討してみてください

ヘリオスのフォトギャラリー

初めてのオールドレンズにはHelios(ヘリオス)をどうぞ

カメラが趣味の人は多いと思います。

その中で、「レンズ沼」にハマってしまうと、普通のレンズだと安めでも5万くらいするし、良いレンズだと軽く15万超えるので、すぐ金なくなります( ´Д`)

そこでおすすめが、お手頃な価格で買えるオールドレンズです^ – ^

価格帯も7000円くらいから買えるし、いろんな種類があります。

レンズによって色んな特徴があるし、雰囲気も違います

オールドレンズはこんな人向け

  • お金ないけど何か新しいレンズ欲しい
  • 違った雰囲気の写真を撮ってみたい
  • 手軽に単焦点レンズが買いたい
  • ポートレート写真をよく撮る

というような方は検討してみてください^ ^

ヘリオスはちょっと思いですが、使いやすいので何十万もするレンズを買う前に是非試して見てください^ ^

自分のカメラのボディと使用するオールドレンズに合うマウントを準備するのをお忘れなく!!

以上、「オールドレンズHelios(ヘリオス)のレビュー」でした〜