留学前にしておきたい効率の良い英語の練習・勉強法【英語は思っている以上に出来ない】

English

「留学前は何をすべきだろう・・・出来るだけ効率よく勉強したい・・・
留学中に伸びやすい英語の勉強法が知りたい。」

こんな方に向けて「留学前にしておきたい英語の練習・勉強法」を書いています。

この記事の内容

  • とにかく英語を話す機会を作る
  • – 短期で英会話カフェやスクールに行く
  • – 国際交流イベントに参加する
  • 特に文法を勉強しておく
  • – 留学中は日本語で英語を勉強できない
  • – 留学中はスピーキングやリスニングに集中する

自分自身留学経験があり、TOEIC450点で全く話せない状態(留学前)から880点で問題なく話せる状態(留学後)になりました。

留学前はもちろん英語の勉強していて、自分的に「まぁ大体は英語わかるだろう」と思っていましたが、現地到着後数秒で英語ペラペラ話されてK.Oされましたww

その経験を元に、もし時間を巻き戻せたら、やっているであろう英語の練習法・勉強法を紹介します。

もちろん個人差もありますが、是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

とにかく英語を話す機会を作る

現地に着いてから打ちのめされたくない人は、英語を話す・聞く練習を留学前にしておきましょう。いやほんとに、、、

僕自身、英会話カフェみたいなところで英会話の練習を週1回2ヶ月程していましたが、結局英語で話すスキルが足りず、留学開始から3カ月間くらいあまり英語を理解できなかったです。

「留学中にスピーキングやリスニングは練習できるからやらなくていいや」と考えていると、足元すくわれます。

英会話を練習する方法はいくつかありますので以下で紹介していきます。

短期で英会話カフェやスクールに行く

これは僕がやった方法で、日本在住の個人の外国人がやっている英会話スクールに通いました。

個人がやっているので、当たり外れがあります。

無料体験があれば、どんな内容・雰囲気か確かめてから契約だったり入会手続きしたほうがいいです。

むしろ無料体験がないところはやめていきましょう。

どんなものかわからないまま数ヶ月単位で入会すると後々後悔することもあります。

国際交流イベントに参加する

これは留学前・留学後どちらでも気軽に参加でき、ほとんど英会話スクールよりかは安いですし、実戦的です。

留学前は留学の準備(英会話の練習)、留学後は英語力の維持が気軽にできます。

なぜ実践的かというと、リスニング教材などと違い、生の英語だからです。
また、いろんな国の人が参加していると、国ごとにアクセントも違います。

海外の友達もできますし、日本に長くいる海外の方も意外とたくさんいて、だいたいそういう人たちは日本語が上手いので、お互いに教えあって上達できるかと。

もちろん外国人を利用して英語を勉強していますみたいなことはしないほうがいいです。あくまでも交流を深めながら英会話の練習もできるという感じで参加しましょう。

I want to be your friend because I'm learning English.
「英語勉強してるから友達になりたい」

みたいなことは絶対言わないでおきましょう笑

オンライン英会話

僕が留学した頃はあまりオンライン英会話はありませんでしたが最近はたくさんあって羨ましいです。

通常の英会話スクールとなるとやはり広告費や設備費等がかかり当然値段も高くなります。

また、いちいちその英会話スクールがある場所まで通わないといけないので、英会話スクールが遠かったりすると大変ですし、時間がもったいないです。

その点に比べてオンライン英会話は自分が好きなときに好きなところで授業受けることができるので便利です。(ネットがあれば)

もちろんこれも無料体験をした後に入会手続きなどをしたほうが無難です。

無料体験があるオンライン英会話スクール

特に文法を勉強しておく

これは留学後に気付いたのですが、日本にいる間に文法を勉強しておいた方が留学中の英語の勉強が楽になります。

理由は以下で紹介していきます。

留学中は日本語で英語を勉強できない

当たり前の話ですが、留学中は英語で英語を勉強します。

何を勉強するにあたっても母国語で勉強したほうがわかりやすいので、留学前には日本語で文法しっかり学んでおきましょう。

留学中はスピーキングやリスニングに集中する

留学中は当然スピーキングやリスニングをする機会が多くなります。

なので留学前はある程度英会話の練習をしながら、単語や文法を集中して勉強していった方が効率が良いです。

せめてTOEIC600点レベルの単語は覚えておくと留学中の生活が楽になります。

おすすめの教材はDUO

ド定番です。
これを6周くらいして全部覚えました。
CDも買いましたがあまり使わなかったです。
単語の発音がよくわからない人はCDも買っていいかと思います。

まとめ:留学前だからこそがっつり勉強する

僕自身、留学前はある程度勉強していましたが、留学開始から3カ月間は、簡単な文章しか作れずコミニケーションもスムーズに出来なかったです。(要するに準備不足)

銀行口座を作るのも携帯電話を契約するのも家を探すのも仕事を探すのも結構苦労しました。

特に仕事は中国人オーナーの日本食屋さんや、日本人がいっぱい働いている日本食屋さんしかなかったです。

もちろんローカルの仕事の方が給料が良く(オーストラリア)英語の勉強にもなります。

がしかし、そもそも英語がある程度できないとそういうローカルの仕事ができません。

特に気をつけないといけないのが、現金手渡しの仕事です。

英語ができないと、中国人や韓国人がやっている現金手渡しの日本食風のレストランや弁当屋さんくらいしか簡単に見つかりません。

税金は引かれませんが、最低賃金より低いことがざらにあるので気をつけましょう。(そもそも違法です笑)

こういった理由で、留学前にある程度英語を身に付けてないと、留学生活が辛くなります。

英語ができないから留学するのはわかりますが、留学前にもある程度英語の勉強しておくべきです。

お勧めの参考書(TOEIC・英語)

今ではオンライン英会話も格安であります(まずは無料体験でどんなものか見てみましょう)

では、エンジョイ留学〜〜〜