タイ旅行での注意点【バンコク・プーケット】

Travel

3日間バンコクに滞在して、現在プーケットに来ています。
まだ1週間くらいしか経っていないですが、色々とびっくりした点や、危なかったことが何度か起こったので書いていきます。

まだ滞在期間は長いので、何かあり次第更新します〜

では参ります。

スポンサードリンク

タイ旅行での注意点

中にはカルチャーショック的な内容もありますが、どれも気をつけるべきだと思うので紹介していきます。
*もし何か間違っていたら教えてくださいませ〜

バイクタクシーのぼったくり

タイ人の友人と一緒にいた時にバイクタクシーに乗りました。
その時は、10バーツでしたが、そのあと一旦元の場所に戻って一人で全く同じ道で全く同じ場所からいくらか聞いたのですが、その時はタイ人の友人がいなかったからか、3倍の30バーツと言われました。

日本人はやっぱりカモなのかもしれません。

トイレットペーパーがない

都心部やショッピングセンターではあるようですが、Rama9の駅内のトイレにはトイレットペーパーがありませんでした。
ケツが汚れないように変な歩き方でウロウロしていると入り口のところに小さな紙が売ってありました。
2バーツでタバコのパックより小さいくらいのサイズの箱の紙約5枚入りが買えます。

トイレに入って用をたす前に紙があるか確認しましょう。
普通するかww

トイレで水が流せない

プーケットでのことですが、田舎の古いスタイルのトイレは便器の横に水が置いてあって、それで流すとのことです。

バケツがあるのでそれで水を組んで流す感じです。

フードコートでクーポンカードを買う

クーポンカードの買い方・使い方は

1:必要な額のクーポンカードを買って商品の購入時に店員に渡す。
2:使わなかった分はクーポンカード返却時に現金で返ってくる

場所にもよると思いますが、フードコートめっちゃ安かったです。

電車でたまに札が使えない

これはまだ理解していないですが、なぜかお札が使えなかったです。
小銭もなかったので、窓口で買いました。
なんなんだろう、、、ww

あと電車で札が使えてもお釣りが全部コインで返ってくるので邪魔なので小銭がない場合は窓口で買います。

交差点はいつ渡れば良いかわからない

特にバンコクですが、バイクと車がもりもり走っています。
しかも運転荒いです。
矢印が青になったらその方向にバイクや車が流れて行くので左折してくるやつに気をつけて渡りましょう。

スラム街にいかない

スラム街の雰囲気やばいです。
友人のアパートがスラム街の中でして、外国人に厳しいらしくタイ初日に友人宅から追い出されましたww
ドラッグや犯罪などのトラブルを持ち込ませたくないとのこと。

外は暑いけど建物の中は超寒い

エアコンがガンガンきいているので、かなり寒いです。
何か羽織るものがあればオケーです。

*あまり寒くないところもあるとのこと

時計とか売りつけてくる

観光客の匂いがしたのか、何回も時計を通りで売りつけられそうになりました。
とりあえず無視するか「ノーノー」と言っていれば大丈夫かと。

バックなどは体の前に

海外のどこでもですが安全の為バックなどは体の前に持ってきておきましょう
またカフェなどでバックを置いて席を離れないように。

当たり前ですが、日本ではなんともないことが海外では危ないことだったりします。

デング熱

夜の蚊は大体大丈夫らしいですが、昼間は要注意とのことです。
なので、長袖を着るか虫除けスプレーをして刺されないようにしましょう。
友人はデング熱で5日間ほど入院したそうです。気をつけましょ、、、

バンコク:ドムンアン空港までの電車がない

現在ドムンアン空港までの電車は工事中でバスかタクシーで行くしかありません。
バスで行こうと思いましたが、全然こないからタクシーで行きました。*ほとんど時間通りにこないし、来たとしても行き先に行かずに車両基地に戻ることもあるらしい(現地のタイ人曰く)。

バイクが逆走してくる

端っこですが、普通にバイクが逆走しています。
ノンヘルで二・三人乗りで飲酒運転にも甘いらしいから気をつけましょう。

まとめ

色々とタイ旅行での注意点をあげましたが、タイは良いところです。
物価も安いし、綺麗なところは綺麗。(思ったよりもww)

タイ旅行の注意点とは言っても海外旅行で気をつけることはたくさんあるので、それと以上のことを踏まえてタイ旅行をエンジョイしてください。

ぐちゃぐちゃな文ですが、以上です〜

では〜

スポンサードリンク