新卒を捨てて語学留学はアリかナシか【体験談】

English Life

「色々理由があって大学卒業後に留学・語学留学したい、、、
でも新卒を捨てて語学留学とか間違ってるかなぁ、、、」

こんな悩みを抱えている方に向けて以下のことを書いています。

  • 新卒を捨てて語学留学した僕の末路【体験談】
  • 新卒を捨てて大卒後の留学はアリ?ナシ?

僕は実際に大学卒業後に新卒を捨ててオーストラリアへトータル一年三ヶ月程語学留学していました。

今何をしているかはプロフィールにも書いていますが、ここでは詳しい経緯を紹介しますね

また、その経験を元に新卒を捨てての留学はアリかナシかを書いています

結論から言うと、

正解なんて無いので行きたいなら行けばいいです
でも責任は自分、覚悟を持つべし

では参ります〜

スポンサードリンク

新卒を捨てて語学留学した僕の末路【体験談】

まずざっくりな流れとしては以下

  • 就活に違和感満載で就活停止
  • 色々あって留学を決意
  • 1年ちょいオーストラリアへ
  • 帰国後3ヶ月ほどニート
  • スロバキア人の元で働く
  • プログラミングを独学
  • フリーランスとして活動開始

多分これが世間の言う「レールから外れてる」ってやつでしょうねww

一つずつ長くなりすぎないように、ちょいちょいつまみながら掘り下げていきます

就活に違和感満載で就活停止

これはただの現実逃避なのかもしれませんが、就活に違和感を感じてしまって途中からやる気が無くなりました

何故違和感を感じたのか簡単に言うと、

たった数回の面接で何がわかるのかなぁ?
面接での話はみんな重曹入れてる(膨らませてる・盛ってる)?

そうです、、、ひねくれてました笑

必死に内定を目指して仮面を被り、嘘で固めた履歴書や自己PRを見せているとまでは言いませんが、個人的に何か違う感じがしました。

就活解禁日に一斉にスタートして、内定というゴールを目指し、ゴールした後は卒業旅行して卒業後、最低3年はその会社で働いて職歴を付ける

この一般的な流れに対して当時は個人的にへ〜んな感じがしてました。

ちなみに僕の大学時代の友人はほぼみんなこのルートです

しかし僕はひねくれていたので、その時の自分が一番やりたい事に向かっていきましたww

色々あって留学を決意

そんなこんなで、就活を諦めた(見捨てた)僕は昔から手に入れたかったスキル、英語を本気で勉強したいと思うようになりました。

また、海外で長期で生活してみたいという願望もあったので留学を選びました。

部活が体育会系だったので、あまりバイトは出来なかったので親に少し借金して留学に行くことになりました。
*大学1年(奴隷)の頃はバイトは禁じられていましたww

1年ちょいオーストラリアへ

オーストラリアのケアンズには知り合いが居たので、留学先のアデレードに行く前に数週間ケアンズに滞在しました。

その後アデレードで一年ほど語学学校に通い、色んなコースで英語を学び、色んな国の友達が出来ました(特にタイww)

英語の勉強も飽きそうになったり、挫折しそうになったりしましたが、オーストラリア留学中に実行した飽きない英語の勉強法4つで紹介している方法で英語の勉強をエンジョイしました。

帰国後3ヶ月ほどニート

帰国してタックスリターンの手続きやTOEICの受験など色々していたら3ヶ月経っていました笑

語学学校にTOEICコースが無かったためTOEIC対策は小手先テクニックしか使えませんでしたが、880点取れたんで満足です。

そもそもTOEIC出来る=英語喋れるではないのであまり気にしてませんでしたが数値として結果残せたので良かったです笑

*今までの僕の英語レベルの推移

  • 中学時代:英検5級落ちた
  • 高校時代:落ちるの嫌で英検受けてないww
  • 大学時代:外国人教師の英語の単位(超簡単)を落とすww【TOEICは450】
  • 留学後: TOEIC880

留学中TOEIC対策はしていないとはいえ、1年いたのでまぁまぁな結果かと思います。

ニートの時はのんびり仕事を探していました。
*当時の彼女に一度怒られました、、、申し訳ない、、、

スロバキア人の元で働く

とりあえず英語が使える仕事を探していて、たまたま見つけたインターネット販売会社で働き出しました。

そこでは主に事務作業を行ってましたが、新規事業を立ち上げるにあたっての役所の手続きや、作成したHPの編集・翻訳もしました。
少しだけ商品写真の撮影もしました。

アットホームな会社で雰囲気も良かったし、社長もテニスが好きだったのでいつもテニスの話をしていましたねww

プログラミングを独学

英語が使える仕事が見つかったのは良かったですが、当時は自分が何をしたいかよく分からなかったです。

英語まぁまぁ出来るようになったけど、「何がしたいの?」って聞かれるとすぐに答えることが出来ませんでした。

プログラミング勉強して人生変わったお話【経緯とメリット】で書いていますが、働き出して半年くらい経った時に友人と偶然再会し、色々あってプログラミングの勉強をスタートしました。

振り返って見ると、文系出身の僕にとってプログラミングは未知の世界で、全て新鮮でした。

自分たちが作りたいものを作ってる時は、難しい部分もありましたが楽しかったなぁ、、、^ ^

作ったモノ

詳しくはプロフィールをご覧ください〜

フリーランスとして活動開始

ある程度思ったものをWeb上で形に出来るようになったのでフリーランスとしてWeb制作の案件を受けるようになりました。

今はランサーズクラウドワークス(クラウドソーシングサイト)、直接依頼から案件を受けています^ ^

英語に関しては情報収集する時にすごく役立っています。
ググって出てくる情報量が日本語の何十倍もあるので^ – ^

ある意味英語を使う仕事かもしれませんね

以上、なるべく長くなり過ぎないように書きましたが、ちょっと長くなったかも、、、

一般的なレールってやつからは外れてるかもですが、なんとか生きてます〜( ˘ω˘ )

新卒を捨てて大卒後の留学はアリ?ナシ?

色々書いてきましたが、実際新卒を捨てて留学した後の就活での立場はどうしても不利になってしまいます。

ハローワークに行くと、もちろん既卒で職歴なしの立場で仕事を探すようになります。

英語が使える仕事を探すかもしれませんが、英語を使う仕事(貿易、外資系など)はだいたい「英語は喋れて当たり前」と考えてるので、「英語が話せる=採用される」とはなりません。

どんな職種に就きたいか、英語を使って何をしたいのかよく考えておいた方が良いです。

また、当たり前ですが、留学したから必ず英語がグンっと伸びる訳じゃないです。
留学中日本人と遊んでばっかりで英語は全然喋らず結局英語は喋れるようにならなかったって話はよく聞きますよね

また、新卒を捨てて留学したのに結果が残せないと、その後の就活でアピール出来ることが無くなるどころか、マイナスイメージになります。

面接官に「現実逃避して海外で遊んできたんだな」と思われてしまいますので留学行くなら最低限目標を決めて、結果を出しましょう

まとめ:覚悟を持って行きましょう

留学後の就活での立場は弱くなりますが、それでも行きたい人は覚悟を持っていってください。

生き方は人それぞれで正解なんてないです( ˘ω˘ )

大事なのは自分が納得しているかどうか
前に進んでいるかどうかが大事です〜
*現状維持=後退なので

新卒を捨てて留学する他にも、休学して留学したり、数ヶ月だけ格安で留学したり、ワーホリしたり色んな選択肢があります。

自分の納得のいく生き方をしてくださいませ٩( ‘ω’ )و

最後に

留学する前に絶対に英語勉強しておきましょう!!
留学中の伸びが変わってきます
英語で英語を勉強するのは難しいので日本にいる間にある程度勉強した方がいいです( ˘ω˘ )
おすすめの参考書(特にTOEIC)はこちらで紹介しています

以上です٩( ‘ω’ )و