SleeklensでのLightroomプリセットの買い方・おすすめのプリセット

Camera

どうも、ケンタロウ(@kentaro_koga)です

Lightroom Classicで普段レタッチをしていて、自分のプリセットを作ったりもしています。

プリセットは自分のスタイルや好きな色味など、シチュエーションごとに作っては保存しておけるので、重宝していますし、そういう方も多いかと思います。

今回は海外のプリセットなどを販売しているサイト、Sleeklensでのプリセットの買い方を紹介していきます。

また、その中でおすすめのプリセットも紹介しますので、是非参考にしてみてください^ ^


Sleeklensって何?

Sleeklensは、デンマークのコペンハーゲンに拠点をおくEコマースの会社で、Lightroomのプリセット、ブラシ、Photoshopのテクスチャやオーバーレイ、テンプレート、Luminarのプリセット、オンラインコースなど写真に関する様々な商品をオンラインで販売しています。

様々な写真家やデザイナーさんがチームを組んで製品開発をしているようで、高品質なプロダクトを提供しているとのことです。

SleeklensでLightroomのプリセットを買う方法

購入からプリセットが届くまでの流れを紹介していきます。

すぐにできるので、あまり細かい解説はないですが、海外のサイトで全部英語なので、是非参考にしてみてください^ ^

まずは、ナビゲーションから「Lightroom Presets & Brushes」をクリックします。

するとこのような画面になります。

スクロールすると色々なプリセットが並んでいますので、ここで絞り込みもできます。

ADD TO CART」をクリックするとその商品がカートに入ります。

買うことが決まったら「Checkout」で支払い画面に進むことができます。

もちろん商品の詳細をみたい時は、商品をクリックすると商品詳細画面にいけます。

こんな感じでビフォーアフターや何が含まれているのかが記載されています。

支払い方法はPayPalがクレジットカード(Stripe決済)

支払い画面に進むとこんな感じで、カートの中身と決済方法が表示されます。

クーポンを持っている場合はここでクーポンコードを入力します。

たまにキャンペーンなどでクーポンがサイトにも記載されているので、買う前にチェックしてみてください^ ^(*写真は2021/02/14時点)

最初はPayPalが選択されていますが、下にある「Payment Method via Stripe」をクリックすると、クレジットカード情報をいれるセクションが表示されます。

StripeはDeNAやfreee、Zoom、slack、cookpadなど様々な大きな企業が使用している決済システムですので、安心して買い物ができるかと思います。

クレジットカードは以下のカードが使用できます。

  • VISA
  • master
  • Diners Club
  • American Express
  • DISCOVER
  • Apple Pay
  • Google Pay

色々対応しているので、便利ですね^ ^

購入後はメールが届く

メールでダウンロードリンクが届きますので、それからダウンロードしてあとはLightroomにインポートするのみです^ ^

それぞれのLightroomでのプリセットのインポート方法は以下の記事にまとめておりますので、是非こちらも参考にしてみてください^ ^

Sleeklensのおすすめプリセット

Sleeklensには様々なプリセットがあり、迷ってしまいますよね。。

なので、いくつか個人的におすすめのプリセットを紹介します^ ^

値段の幅もかなりありますので、自分の財布とも相談しながら検討してみてください!

SNSで主に写真を上げている方におすすめのSocial Trends Presets

Social Trends Presets Collection

こちらは名前の通り、ソーシャルメディアに特化したプリセットで、インスタグラムなどで映えるプリセットになります。

日本と海外とでは流行りの写真の雰囲気は違いますが、海外クリエイターの写真が好きな方や、SNS映えさせたい方にはおすすめのプリセットになります。

Lightroom CCとLightroom Classicのバージョン7.3以降に使えるプリセットが5つ含まれています。

ハロウィンやダークな雰囲気が好きな方におすすめのThe Wicked Nights

Halloween Lightroom Presets

ダークな雰囲気やハロウィンの感じが好きな方にはこのプリセットがおすすめです。

Lightroom 4-6、Lightroom CC(プリセットのみ)、Lightroom Classicのバージョン7.3以降に使えるプリセットが40個とブラシが10個ついてきます。

数が多いので、買った後に悩んでしまいそうですが、大は小をかねるということで色々なオプションを持っておくのも良いかと思います。

風景写真を撮っている方におすすめのElemental Landscapes Lightroom Presets

Elemental landscapes Lightroom Presets

風景写真を良い感じにしてくれるプリセットです。

風景+人物でも良い感じにしてくれるので、そういった写真にも使用できます^ ^

これはLightroom Classicのバージョン7.3以降のみに使用できるプリセットですので注意です。

Lightroomの勉強をしている方、お金に少し余裕がある方におすすめのThe Complete Sleeklens Lightroom Collection

Complete Sleeklens Collection

$345となかなかの値段ですが、その中身がめちゃめちゃ多いので、お金に少し余裕がある方は、色々チマチマ買うよりこれをドンっと買うのをおすすめします。

また、他の人が作ったプリセットの編集内容を見て結構勉強できますので、色々なプリセットを見て勉強したい人も検討してみてください^ ^

Lightroom 4-6、Lightroom CC(プリセットのみ)、Lightroom Classicに使用できるプリセットが2300個以上含まれており、ブラシも600個以上含まれています^ ^

なので、大抵のレタッチパターンは実現できるので、レタッチに多くの時間を取られることなく、その他の仕事に集中することができます。

こちらのセットを持っているのですが、めちゃめちゃ量が多いのでお気に入りのもののみに絞って使用した方が良いですね。


Lightroom Mobileしか使わない方におすすめのSleeklens Complete LR Mobile Collection

Lightroom Mobile Presets Collection

Lightroomはスマホ中心で使っている方にはこちらのセットがおすすめです。

理由は、PC分のプリセットはまずいらないのと、他のLR Mobileのプリセットをチマチマ買うよりかはこのセットを買った方がお得だからです。

もちろん1つ2つしかいらない場合はそれで良いかと思いますが、少しお金に余裕がある場合は、コンプリートセットを買うのをおすすめします。

Adobe Lightroom Mobileに使用できるDNGフォーマットのプリセットが165個含まれています^ ^

Lightroom Mobileへのプリセットのインポート方法は以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください^ ^

Sleeklensで自分にあったプリセットを。

写真をしていて気づいたのは、ほとんどの方がレタッチをしていることです。

そして、プリセットはレタッチ作業をだいぶ楽にしてくれます^ ^

また、いろんなプリセットを見ることで、自分の好きな雰囲気を発見できますし、勉強にもなります。

自分で1つ1つレタッチするのも良いですが、他の人がどんな風にレタッチをしているのか是非みてみてください^ ^

特に海外の写真家さんは、日本の写真家さんと違った雰囲気のレタッチが多いので、新鮮だと思います。

いろんなプリセットを自分の写真にあてていくだけでも面白いので、エンジョイしてみてください^ ^

Lightroomでのプリセットの使い方はこちらもチェックしてみてください^ ^

では、良いレタッチライフを〜^ ^